ハイブリッド開催決定!

<リアル開催>
会場:グランフロント大阪北館タワーB10階 (先着50名) 
※事前申込制(無料)
ナレッジキャピタルカンファレンスルームタワーB RoomB01


※B01会場は、9階エスカレーターから10階に上がっていただきます。

定員:1部50名、2部50名 ※両方参加の方は2つとも申込ください。

<オンライン開催>
会場:Zoomウェビナー

※直前ですが、ウェビナー申し込みの枠がまだございます。
 以下より申込なしでも参加可能ですので、ご参加いただけると幸いです。

【Zoomウェビナー情報】
開催時刻:2022年10月21日 01:00 PM
URL:https://zoom.us/j/91914529535?pwd=SnVkaTNDVUFjcWNLNDFvcGZsc0RoZz09
パスコード:524310

 

定員:400名(無料)

案内リーフレット

大阪・関西万博
大阪パビリオン
総合プロデューサー

森下 竜一氏

パナソニックホールディングス株式会社

山岡 勝氏

NTTデータ経営研究所
HealthCare Implementationグループ長

足立 圭司氏

レノボ・ジャパン合同会社
コンシューマ事業本部営業戦略部

柳沼 綾氏

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会
企画局
企画部長

佐藤 毅氏

ライオン株式会社

島田 伊三男氏

株式会社COSPAウエルネス
ヘルスケア事業推進部

森口 洋子氏

【主催】

【運営】

「10歳若返り」プロジェクトとは

大阪府では、2025年大阪・関西万博に向けて、「いのち輝く未来社会」をめざすビジョンで目標に掲げるいきいきと長く活躍できる「10歳若返り」の実現に向けて、『大阪府「10歳若返り」プロジェクト』に取り組んでいます。

 大阪府における平均寿命と健康寿命(日常生活に制限のない期間の平均)の差は約10歳あり、健康に影響がある期間が生じたとしても、いきいきと活動できるようにすることを目指す取り組みです。


←『大阪府「10歳若返り」プロジェクト』
公式ホームページはこちら

img-fluid
img-fluid

どんなことをするの?

1:システムデザイン
「モーショントレーニングツールTANO」のセンサーによる骨格認識技術を利用し、センサーでの判定と同時にカメラ映像からAI画像解析を行い、骨格の分析・運動量の数値化等を行います。

2:カンファレンス
テクノロジーを活用したヘルスケア事業やまちづくりにに関する知見をお持ちの皆様に登壇していただき、産・官・学それぞれの観点から、取り組みや課題について講演を行います。

3:イベント「リアル+サイバー運動会」
商業施設・高齢者施設・イベント施設の3拠点をネットワークで中継し、本部から運動指導を行います。多くの世代の府民が街中で気軽に身体機能測定や運動を行うことができる環境の構築を目指します。

【協力】